催行中止のお知らせ
当アクティビティは、4月15日~4月30日の催行予定をしておりましたが、新型コロナウィルスに関わる緊急事態宣言が発令されている中での催行は困難と判断し、中止いたしました。

 

楽しみにしていた皆様、既に発行されたチラシなどでチェックして頂いた皆様、大変申し訳ございません。

次の春には大勢のお客様を受け容れる事ができる事を、私たちも期待しています。

 

ネイチャーセンターに関するお知らせ https://www.nature-center.jp/

北海道最高所にある天然湖『然別湖』

12月から凍り始めた湖は完全結氷を経て約半年後の5月中旬に氷が無くなります。

4月は気温が上がり始め、氷が融けてゆく時期です。

この季節にだけ楽しめるのが『融氷ウォーク』。

 

ドライスーツと呼ばれる特別な服を着て湖上を散策しましょう。

 

湖の上を歩いたり、春の自然を観察したり、水に浸かったり。

ネイチャーガイドと一緒に、春の自然に探検に出かけましょう!

海抜804mにある然別湖。北海道の天然湖の中で一番高い場所※1にあります。また、周辺は針葉樹が主体となる針広混交林が広がり、亜寒帯らしい風景が広がっているのも魅力的です。

 

※1指定湖沼

年間の平均気温が1℃前後(※西ヌプカウシヌプリ計測)の然別湖は、湖の結氷期間も長く、凍り始めから最後の氷が無くなるまでの期間は、約半年に迫ります。

これは、地球上で見るとタイガ地域の自然環境となっています。

※福山市立大学澤田講師提供データより。

完全結氷した湖の氷は、岸際から徐々に解氷していきます。

湖上にできた氷の割れ目には水が浮き、太陽光が当たると美しい水色に見えます。

また、湖上で、様々な形状に変化した氷を観察できます。

春がすすみ、氷の裂け目が大きくなると、水辺の鳥たちや

小さな虫たちも活動を始めます。

春の湖上は不思議な自然がたくさん観察できます。

融氷ウォークで使用するドライスーツは、一般的なアイスダイビングでも使用可能な厚さ5mmのネオプレンという素材を使用しています。

お客様自身で長袖、長ズボンを着用していただく必要はありますが、ドライスーツを着用すると中の衣服が濡れることはありません。

また、保温性に優れているため、快適に余裕をもって

活動することができます。

融氷ウォーク

期  間:2020年4月15日~30日頃

時  間:6:00/10:15/15:15 各回90分

料  金:ひとり5,500円

参加条件:身長130~190cm 胴囲100cmまで

     年齢小学4年生以上

 

集合場所:然別湖ネイチャーセンター

お持ち物:長袖、長ズボン、丈の長い靴下・タオル

無料レンタル

ドライスーツ・手袋・メガネバンド・防水デジタルカメラ

オプション

カメラ撮影 活動中の写真やムービーを同行撮影。

      要確認別途2,000円

①集合、受付

 スタート10分前までにネイチャーセンター集合。

 受付をします。

 貴重品や携帯電話、ネックレスやイヤリングなどの装飾品は、

 ロッカーで保管していただきます。

 

②概要説明・安全説明

 参加者集合の後、プログラムの内容について説明します。

 

③装備装着

 いよいよ出発準備。ドライスーツやグローブを装着します。

 

④湖上体験

 ネイチャーガイドと一緒にいざ湖上へ!

 新鮮な体験を満喫しましょう!

 

⑤装備解除・ティータイム

 体験終了後、ネイチャーセンターで装備を解除します。

 ティータイムで思い出を話しましょう。

 

⑥解散

 プログラム終了!温かい温泉で体を温めましょう。

 ※日帰りでの体験参加者は温泉の特別割引があります。

 

服装や持ち物について

 

①動きやすい恰好

 ジャージなど、動きやすい服装でご参加ください。また、フードがついた上着は避けたほうが無難です。

②靴下

靴下は丈の長いものをお勧めします。くるぶし以下の丈のものはドライスーツの中で脱げることがあります。

③タオル

終了後に頭や手を拭くために便利です。

 

その他

①デジタルカメラの無料レンタルが可能です。

 ※ご希望の方はSDカードをご用意ください。

TEL 0156-69-8181